勃起不全への先発メーカーの勃起改善薬と陰茎形成術

陰茎形成術は性同一性障害の女性がペニスを持つために必要な手術ですが、男性の体になることを求めていない場合には手術を行う必要はありません。また男性として生活する場合にペニスが必要で、性交渉などをする予定がない場合にはペニスを作るだけで勃起をすることはありません。性交渉をする場合には陰茎形成術によって作られたペニスが勃起しなければならないので、インプラントを挿入してそれを芯としてペニスを勃起させることになります。前腕部から切除した組織や神経、血管によってペニスが作られるので、術後は腕が動かしにくくなります。陰茎形成術は日本では手術を行うことができないので、海外の病院に入院をして手術を受けることになるので、準備のためにある程度の費用が必要になります。勃起不全はセックスの時に勃起状態を維持できない症状で、日本の医療機関では勃起改善薬を処方しますが、一般的には先発メーカーの薬が処方されるので薬代が1錠あたり2000円以上になる場合があります。ジェネリック医薬品を選択したとしても日本で製造されたものしか購入できないので1500円程度の薬代になるので割安感はあまりありません。先発品とジェネリック医薬品は有効成分に違いはありませんが、添加物などが異なっている場合があるので、効果に不安がある場合には先発メーカーの医薬品を購入することができます。インド製のジェネリック医薬品は1錠あたり数百円なので費用が非常に安いのですが、偽物が多く作られているので、個人輸入を利用した場合に本物かどうかを確認することが難しいので、リスクが非常に高くなります。信頼性の高い個人輸入業者に依頼をすると医薬品メーカーから直接購入するので偽物のリスクが下がります。

ページの先頭へ戻る